上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
minami note ~君に伝えたい言葉~ どこまでも・・ずっと

minami note ~君に伝えたい言葉~

KAT-TUN大好きminamiのひとりごと
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  624

どこまでも・・ずっと

君はあの日のこと覚えていますか?
去年の今日。
そうちょうどこのくらいの時間に君が帰ってきたことを知ったっけ。
あまりにも突然で。
びっくりして。うれしくて。
涙が止まらなかったあの日。

あれから1年。
君の柔らかくなった笑顔。柔らかな空気が私たちにも伝わるようで。
うれしく思います。
あの半年は決して無駄ではなかったと。今の君やメンバーを見ているとそう思えます。
なかったことにはしたくない。
あの半年があったからこそ、今の彼らがある。
あの半年間、私たちが流した涙も、寂しい気持ちも。
メンバーが背負ったプレッシャーや、寂しさ、そして葛藤も。
そして彼が背負った別のプレッシャーや寂しさやごめんって言う気持ち。
全部ひっくるめて、今こうしてここで君たちが笑っていてくれるから。
無駄ではなかったとそう思える。

仁。ちゃんと。ここに。
KAT-TUNに帰ってきてくれてありがとう。
そして亀、聖、たっちゃん、じゅんの、ゆっち。
KAT-TUNを、彼が帰ってくる場所を守ってくれてありがとう。
6人のKAT-TUN・・・ありがとう。

もう今後、この話題をすることもないと思います。
もう過去の話だから。
あの時こうだった、あーだったと語り合うのはもう少し先でいい。
亀や聖が留学ネタやってるのを見て「いつまでひっぱんねん!(笑)」って
ツッコミたくなりますし(笑)
もういいよね?(笑)
忘れるんじゃないよ。なかったことにするんじゃないよ。
前向いて行こうって思うだけ。昨日よりも明日。明日よりもあさって。
まだまだこれから先彼らと楽しい思い出いっぱい作るために。
前向いて、一緒に走っていこう。
たまにはゆっくり周りの景色眺めながら歩いたり。
時には全速力で走ったり。
雨の降る日も、風が強い日も。暖かい日も。寒くて凍えそうな日も。
泣いたり笑ったりしながら、一緒に行こう。

どこまでも、どこまでもずっとね。
スポンサーサイト

別窓 | KAT-TUN | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<心の汗をかこうじゃないかー! | minami note ~君に伝えたい言葉~ | 亀梨和也、赤西仁を語る>>

この記事のコメント

No.778 はじめましてm(__)m
お邪魔いたします。 実の鈴マミーです。毎回読み逃げばかりですみません。が、今日ばかりは読みながら涙が、止まらないのでコメントしました。 あれから1年…あたふたワタワタしながら仙台ライブを迎えましたね。あの場所にいれたこと、仁を6人のKAT-TUNを号泣しながら迎えました。彼らは前に進んでいますね。あの日は忘れないけれど‥今の彼らが大好きです。娘と語ります。仁は笑ってるよ。ママも泣かないで…と。もう大丈夫です。彼等と共に、どこまでも です。 初コメなのに長々とすみませんでした。またお邪魔させていただきます。
2008-04-20 Sun 20:53 | URL | 実の鈴マミー #-[ 内容変更]

No.779 同感です・・・
1年前のあの日。
帰国の一報が入ってからは1人部屋を訳もなく部屋をウロウロ。携帯メールうつ手は震えてるし。
寝ようとした頃、翌日に6人での会見があるとWebで知って、眠れなくなった事。
翌日会社で会見をリアルタイムで見れなかったから会社からこっそり仁ファンブログをのぞいたりして速報を仕入れ、翌日からコンに参加する事を知って泣いた事。

いろいろ思い出しますが、もう過去ですよね。
今、仁くんが自分のペースで仕事ができて、穏やかな笑顔がそこにある。
その笑顔が二度と曇らないように、私達は彼を応援し続ける。前を向いてどこまでも一緒に。

ちょっと感動しました、このエントリー。
私には文才がないからうまく言えないけど、すっごい同感しました。

2008-04-20 Sun 23:52 | URL | あん #-[ 内容変更]

No.780
>実の鈴マミーさんへ♪こんばんは!はじめまして。
いつも読んでくださってるんですね。ありがとうございます。
実の鈴マミーさんは、あの仙台コンに入られてたんですね。私はWSで見たんですけど、あのセリから6人で肩くんで上がってくる姿を見て仁が戻ってきたことをリアルに実感して涙が止まらなくなったこと思い出します。
あの場にいた実の鈴マミーさんはもっとリアルに感じられたでしょうね。
私も今の彼らが大好きです。
彼らと共にどこまでも一緒にいきましょう。
よかったらまたコメントくださいね。待ってます。

>あんさんへ♪あの日のことは今でも鮮明に覚えていますよ。
夜中に知って、朝が待ちきれなくて眠れなくて。
スポーツ紙買いに走りましたっけ。
会見をすると知って。もしかして・・って不安もありながら。
けど6人で会見だからそんなことないよねとか色々思って。
私も会見の日は仕事だったんだけど、1日中携帯チェックしてました(笑)
あの日のことは忘れたくても忘れられない。
これからも大事に抱えて生きてきます(笑)
前を向いてどこまでも一緒に。
これからも一緒に彼らを応援していきましょうね。
2008-04-21 Mon 02:56 | URL | みなみ(コメントレスです) #tNnsk5Tg[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| minami note ~君に伝えたい言葉~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。